おとーさん成長日記

娘を溺愛する新米お父さんの子育て奮闘日記です

個人的書籍所感 ⑤地球の未来のために、僕が決断したこと

みやひんです。今回の個人的書籍所感 ⑤でご紹介するのは、

 

ビル・ゲイツ  「地球の未来のために、僕が決断したこと」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言うまでもなく世界有数の実業家であるビル・ゲイツさんによる、地球温暖化問題に関する書籍ですね。

 

 

地球温暖化とか、SDGsとか、近年言葉は目にする機会がぐんと増えましたが、恥ずかしながらみやひん、この辺の実情をあんまり詳しく勉強したことがなかったのです。

その点、ビルゲイツさんは今はこうした社会問題に取り組まれているものの、元々は実業家ですし、環境問題のスペシャリストというわけではありませんから、素人と言ってしまうと失礼ですが、専門家が書いたものより一般の我々が理解しやすい本になっているのかな、と思います。

 

 

で、そう書いた矢先からいきなりこんなことを書くのもあれなのですが、ビルゲイツさん、もはや全く素人ではありません。おそらく下手な専門家などよりよっぽど詳しいのではないでしょうか。

 

この本を、最初の数ページ読むだけでもそれは分かると思います。

1ページ読むだけでもその中にいくつもの正確なデータや見解がかかれており、その全てに文献が引用されています。みやひんも理解だから分かりますが、大衆向けの一般書ではなく、専門の科学論文といってもよいレベルの体裁になっていると思います。

体裁というか、内容の正確性は専門書レベルだと思いますが、それでいて内容は語り口調で書かれていますし、なお一般向けとして書かれており、非常に理解しやすく書かれています。

 

 

現在のCO2排出量、そしてそれが続いた場合に地球の多くの場所で居住地が減り、自然災害が増え、飢饉が訪れ、多くの動植物のみならず人間も死亡していくであろうこと。

もちろんこのあたりのことも書かれているのですが、この辺りのことは比較的他の書籍でも強調されがちなところなのです。

 

この書籍ではそもそも一般人にとってCO2の量とかニュースでみてもイメージしづらいよ!というところを丁寧に説明していたり、実際に何によってどれくらいCO2が出ているのか、何をすればどれくらいそれが減らせるのか、というところにより重心をおいて、かなり詳細に書かれています。

 

例えば温室効果ガスの年間総排出量は510億トンですが、そのうち

 ものをつくる(セメント、鋼鉄、プラスチック) 31 %

   電気を使う    27 %

 ものを育てる(植物・動物) 19 %

 移動する 16 %

   暖房・冷房・冷蔵庫  7 %

 

の順で排出に寄与しているそうです。もちろん軽視してよいわけではないですが、一般的によく議論される車や飛行機による移動の寄与している割合は、イメージよりもだいぶ低いのですよね。

一方、意外と多いなと思うのは畜産業によるもので、世界中でおよそ10億頭の牛が牛肉と乳製品のために育てられており、その牛が1年間にするげっぷやおならで出すメタンには、二酸化炭素20億トン相当の温暖化効果があり、地球上の全排出量の4%にあたるのだそうです。現在、メタンを減らすワクチンなどを開発しているのだとか。

 

話は変わってしまいますが、環境だけではなく、動物愛護や健康問題、食糧需給問題の観点から見ても、現在の肉食(雑食)文化からヴィーガニズムへの緩やかな転換というのは、もはや望む・望まないにかかわらず必ず遠からず起きてくるものだと思っています。

 

ちなみに現代の世界では、5000ギガワット(ワット=1秒あたりに1ジュール)が必要なんだとか。(アメリカで1000ギガワット、東京の夏は23ギガワット、中規模都市で1ギガワット、平均的なアメリカの家庭で1キロワット)

電力需給というのは季節や日、時間によって変わってくるものなので、このようにワットで考える必要があるのですよね。

例えば今後風力発電などの、CO2の排出量の少ないよりクリーンな電力を推進していくと仮定して、これらクリーンエネルギーの多くは(例えば風のない日には電力がつくられない、など)変動のむらがおおきいのです。しかし、現在の技術では大量の電気を蓄えるというのには極めて困難で費用がかさむとされており、ここが問題になっています。

あるいは、たとえば鋼鉄をつくったり自動車を走らせたりという炭素を大量に排出するプロセスを電化していくというのは重要なアイデアではあるものの、そうすると電気供給量がさらに2倍3倍増やす必要がでてくるわけです。電気自動車にしたら全て解決するわけではないのですよね。

 

 

現在の客観的な状況、そして問題点、今後の展望や課題など、正確なデータに基づいてわかりやすく学ぶことのできる、とてもためになる本かなと思いました。

 

 

何より、世界有数の大金持ちのビルゲイツさんが、このような活動をしてくださっていることに、我々は感謝しなければならないと思うのです。

人生を何十回贅を尽くして過ごしても余りある財力があり、別にこんなことをする必要もなければ義務もないわけです。

当然、ただ贅を尽くして過ごしていたとしても、それを咎められる理屈も一つもありません。

 

それでもなお、専門家に匹敵するくらいの問題意識を持ち、実際にその財を投じて地球環境のために自らの労力を割いて活動をしているわけで、米国の大金持ちって比較的こういうボランティアとか社会活動に尽力される方が多いイメージではありますけど、その中でもやはりビルゲイツさんは別格なんだなと、改めて認識した次第です。

 

宇宙船

最近娘ちゃんは、自作の歌を作って歌っていることが多いです。

昨日も夕食を食べているときのこと。

 

 

 

 

娘ちゃん   「うちゅ~せんに の~ろう♪ うちゅ~せんにの~ろう♪」

 

 

 

宇宙船なんてずいぶん難しい言葉を知っているなぁと思い

 

 

 

 

 

 

 

みやひん   「娘ちゃん、よく宇宙船なんて知ってるね?乗ったことあるの?」

 

 

と聞いてみると、

 

 

 

 

 

 

娘ちゃん   「あるよ~♪」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みやひん   「えぇっ?!( ゚Д゚)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

娘ちゃん   「おと~さんも、あかちゃんのとき、のったでしょ?」

 

 

 

*娘ちゃんの中では昔=赤ちゃんの時、という理解になっている

 

 

 

 

 

 

 

みやひん   「いやいやいや、お父さんは赤ちゃんの時も、宇宙船は乗ったことないなぁ・・・・・。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

娘ちゃん   「え~、あゆでしょ~。。」

 

 

 

 

 

 

 

またまた御冗談を~、宇宙船くらいみんな乗るっしょ~!というテンションの娘ちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みやひん   「ないないない、娘ちゃんはいつ乗ったの??」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

娘ちゃん   「ろくじはんだよ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

みやひん    「( ゚Д゚)」

 

 

 

 

 

 

めっちゃ具体的な時間!!

 

まぁ、娘ちゃん、六時半しか時間しらないんですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

みやひん   「い、いつの6時半にのったの??」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

娘ちゃん   「あしただよ~!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

みやひん   「( ゚Д゚)」

 

 

 

 

 

 

 

未来予想図!!

 

 

 

 

 

ちなみに滅茶苦茶にも聞こえますが、娘ちゃんは適当に言っているわけではなく、経験上こういう時は必ず具体的な何かの記憶からお話しているのですが、もちろん言葉のボキャブラリーの問題だったり、時間軸の概念の問題だったりで中々真実にたどり着けないこともあります。

 

この時も、宇宙船が何のことなのかと思って何個も質問したのですが、同じ質問には毎回同じ回答なので、必ず何か特定のものをイメージしているんだとは思ったのですが、特定には至りませんでした・・・・。

 

誰とのったの?⇒ お母さんだよ!

お父さんは乗れないの? ⇒3人だとせまくなっちゃうよ

おうちにあるの? ⇒お外だよ!保育園の近くだよ

動くの? ⇒びゅーんて動くよ!

すべりだいやお砂があるの? ⇒ないよ?

立ってのるの? ⇒ 歩いてはいるよ!中でごろんで寝るよ。

保育園の先生とのったの? ⇒せんせいは乗らないよ。お母さんだよ!

お父さんはなんでいなかったの?⇒おうちでご飯作ってたよ!

 

 

屋外の遊具や、エレベーターなどなのかな?とも思いつつ、わからず。判明したらまたご報告いたします。 笑

おともだち

みやひんです。

どこの保育園もそうだと思うのですが、毎日、大体子供が園でどのような様子だったのかを連絡帳や、最近はアプリなんかで、その様子を教えてくれます。

 

親としては、普段の子供の様子がとても気になるので、本当にありがたいお話ですよね。

 

で、とある日の連絡帳によると、娘ちゃんが、とても仲良しのお友達に、おもちゃを貸してあげたんだとか。

 

ところがそのお友達が、せっかく貸してあげたおもちゃにあまり興味をもたず、すぐに飽きて別の遊びを始めちゃった姿をみて、とても不思議そうにしていたとのこと。

 

 

別に泣いたとかそういう話でもなく、お話としてはこれで完結しているのですが、よくよく考えると、おうちで遊ぶ場合には娘ちゃんは一人っ子ですし、何をやっても、何をあげても、お父さんもお母さんも常にオーバーリアクションで喜ぶんですよね。

 

自分がいいと思うおもちゃを貸してあげれば当然お父さんもお母さんも大喜び。

自分が話しかければ必ずリアクションは帰ってくるし、楽しいと思う遊びは常にお父さんもお母さんも楽しそうに一緒に遊びたい~!と懇願してきます。

むしろ、「しょうがないなぁ、一緒に遊んであげるよ!」という立場なんですよね、娘ちゃんが。

そして頼みもしないのに四六時中可愛い可愛い、ぎゅーしたい!と言われ続けています。

 

 

それが当たり前だから、自分に興味がない人がいる、自分が面白いと思うものを面白いと思わない人がいる自分の好意を喜ばない人がいる、ということは考えつきもしないんですよね。

 

 

当たり前ですけど、子供は忖度なしですから。

 

 

 

でも、それってとっても大事なことですよね。

その瞬間は、ちょっと悲しかったかもしれないですけど、これは集団生活をしていなければ気が付くことができないこと。

今後社会にでる上でも、ずっと家にしかいなかったら、井の中の蛙になってしまいますからね。

 

もちろん、我々の仕事のために保育園に預けているわけではありますが、こういうところは、保育園というか集団生活をさせていてよかったなあと感じた次第です。

 

 

謙虚?

みやひんです。

 

我が家では娘ちゃんにかなりの数の絵本を買ってあげており、毎日何冊も読んでおります。

で、前にも書いたかもしれないですけど、娘ちゃんの記憶力ってすごくて、数か月前に1・2回しか読んでなくてこっちは全然話の内容とか覚えてない絵本とかでも、結構しっかり内容を記憶してたりするんですよね。

 

娘ちゃんはまだ当然文字は読めないのですが、絵をみて大体のお話の内容を記憶しており、最近ではこちらが読まなくてもページをめくるとそのページの内容をお話してくれたりします。

 

5-6歳向けの絵本を読んだりしているので、結構内容も長くて難しかったりするのですが、こっちがびっくりするほど細かいところを覚えていたりするんですよね。

 

 

 

で、まぁもちろん2歳児なんで読み方はたどたどしいんですけど、それがまたゲキカワなので、絵本を自分で読めてすご~い! & 読んでる姿がかわいい~ の二重の記録の意味で、娘ちゃんが本を読んでいる姿をスマホで動画でとっていたのです。

 

 

すると、絵本を読みながらそれに気が付いた娘ちゃん。

 

 

 

 

娘ちゃん   「おしゃしん、とらないで~(>_<) 」

 

 

 

最初は照れてるだけかな?なんて思いましたが、結構本気でちょっぴり泣き顔の娘ちゃん。

 

 

 

 

みやひん  「どうして?とっても上手に絵本読んでたから、写真とってみたんだけど」

 

と伝えてみたところ、

 

 

 

 

娘ちゃん   「じょうずによめないから、とらないで~(>_<) 」

 

 

 

 

 

謙虚なのか、自信がないのか、あるいはただただカメラが嫌なのかはわかりませんでしたが、益々いじらしくてかわいい娘ちゃんでした。

 

 

 

 

 

 

その後、カメラなしで上手に絵本を朗読してくれましたよ!

 

 

硬派

みやひんです。

 

娘ちゃんはおままごとが大好きで、よくブロック等でケーキを作ってくれるんです。

苺のケーキとか、ミカンのケーキとか、色々作ってくれては我々とか、ぬいぐるみにくれるんですが、必ず

 

お誕生日

 

ということで作ってくれます。

 

 

娘ちゃんが突然

「きょーはおとーさんのたんじょーび!」

 

と宣言し、そこから大きなケーキを作ってくれて、可愛い歌で「ハッピバースデー」を歌ってくれて、ローソクをふーっとして食べる、というもう一連の流れが出来上がっております。

 

で、もちろん我々は

 

 

みやひん  「うわー、おいしそーなケーキ、ありがとー!いただきまーす!」

 

 

と言ってもぐもぐ食べさせていただくわけなんですが、そこでいつも不思議なのが、

 

 

 

 

みやひん  「はい、じゃぁ娘ちゃんにも一口、どうぞ!」

 

 

 

とわけてあげようとすると、

 

 

 

娘ちゃん  「だめ!いやない!」

 

 

 

と頑なに拒否するのです。

どうも「自分は誕生日じゃないから」という理屈のようなのですが、

 

 

みやひん  「誕生日じゃなくても、ケーキは分けてもらって食べてもいいんだよ?」

 

と何度言っても

 

 

 

娘ちゃん  「いやない!」

 

 

の一言。

 

じゃぁ誕生日は一人限定なのかというと、

 

 

 

みやひん  「おかーさんもケーキ食べたいって!」

 

というと、

 

 

 

娘ちゃん  「じゃぁおかーさんもたんじょーびね!はい、どーぞ!」

 

 

 

とすぐにケーキを作って分けてくれます。

 

 

 

 

とにかく、他人には気前よくケーキはふるまうけれども、どれだけ周りがおいしそうにケーキを食べていても、「いや、自分は誕生日じゃないんで、食べないっす」とあくまで硬派?な娘ちゃん。

 

 

 

 

やはり2歳児の生態というのは面白すぎます。

 

 

かくれんぼ③

みやひんです。

かくれんぼの話が続きます。

 

 

 

先日、二人でお留守番なのに2人で隠れようと言い出した可愛い娘ちゃん。

 

二人で隠れちゃったら、探す人がいないねー、お母さん帰ってきてからまたかくれんぼしようねー、などとお話をしていました。

 

で、夜になって妻が帰ってきたため、再びかくれんぼ熱が再燃した娘ちゃん。

 

 

 

 

娘ちゃん   「みんなでかくれんぼしよー!」

 

 

 

 

 

みやひん   「いいよ、じゃぁ娘ちゃんは誰と隠れるの?」

 

 

 

 

 

娘ちゃん   「おかーさんとかくれる!おとーさんがさがして!」

 

 

 

 

ということで、娘ちゃんとお母さんが隠れることに。

すると娘ちゃん、みやひんの目の前でお母さんとなにやら大声で相談を始めます。

 

 

 

 

娘ちゃん   「うふふふふ・・・・おかーさん、どこにかくれよっか。そーだ、つくえのしたにしよー!そうしよー!じょーずにかくれたらみつからないもんね。うふふふふふ!!!」

 

 

 

 

 

としゃべりながらみやひんの目の前で机の下にもぐり、

 

 

 

 

 

娘ちゃん   「もーいーよ!!」

 

 

 

 

と元気に教えてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

みやひん  「む、むすめちゃん、どこかなぁ・・・・・(*´Д`)」

 

 

かくれんぼ②

みやひんです。

 

先日の かくれんぼ の続きです。

 

 

 

最近かくれんぼにはまっている娘ちゃんなのですが、先日は妻が仕事のため、みやひんと娘ちゃんの二人でお留守番でした。

 

 

レゴブロックで遊んだり、積み木で遊んだり。

二人で一通り楽しんだ後に娘ちゃんがみやひんを誘ってきました。

 

 

 

 

 

娘ちゃん  「おとーさん、かくれんぼしよーー!」

 

 

 

 

 

 

みやひん  「いーよ?どっちが隠れるの??」

 

 

 

 

 

 

娘ちゃん  「ふたりでかくれよー!」

 

 

 

 

 

 

 

・・・・誰が探すん?(*´Д`)

 

 

 

 

*注  危ないとこに隠れちゃったりするといけないので、隠れるときはお父さんかお母さんと一緒に隠れようね、とお話していたことを忠実に守っているようです。