父と娘の 「ほっこり小話」

娘を溺愛する新米お父さんの子育て奮闘日記です。くすっと笑えるような小話を提供できるよう目指しています。

気を遣う

 

娘ちゃんは3歳児です。

3歳児でも、意識してかせずかは分かりませんが、周囲に気を遣うんですよね。

 

 

 

よく聞くのが、保育園ではみんな良い子にしているという話。

保育園では、1歳児も2歳児も、みんな(もちろん程度の差はあれ)先生の言うことをある程度聞いて、お昼寝やごはんもある程度指示に従うことが多いけれど、同じ子たちも家では全く思い通りにいかないと。

 

保育園の先生が、初めて自分の子供を産んだらあまりにも保育園でみる子供たちの様子と自分の子供の様子が違うので驚いたなんていう話も。

 

 

 

 

娘ちゃんは基本的に同年代の子と比べてかなり周囲の目を気にする方で、気遣いの子です。

内弁慶なので、家では泣き叫んだりすることももちろんあるのですが、基本的に外ではあまり無茶なことは言いません。

保育園で泣き叫ぶこともないようですし・・・・

 

 

 

 

抱っこが大好きで、最近は外でお散歩していてもすぐ「抱っこ抱っこ―ーーー」と、ぐずって、場合によっては道路に寝転んででも抱っこをせがむ娘ちゃんなのですが、

 

先日うちの親に娘ちゃんを預けていた時のこと、ばーばと娘ちゃんがちょっと遠くの公園まで散歩に行ったようなのですが、娘ちゃんがお昼寝の時間に近くなって眠くなってしまい、

 

 

「抱っこ・・・・・」

 

 

と言い出したんだとか。

 

眠くて疲れている、とか、幼児的には最凶の組み合わせで、これはもう抱っこすればそのまま即寝、しなければ地獄絵図のような大惨劇が起こる(泣き叫ぶ)のが目に見えている状況なのですが、

 

 

そこでばーばが 「ごめんね、ばーばは力ないから抱っこして歩くことはできないよ」

 

 

と伝えると、

 

なんと、半分寝ながら手をつないで頑張って20分以上歩いて帰ってきたんだとか。

 

 

 

 

我々とだったらあり得ない状況ですね。

子供ながらに、ばーばは本当に抱っこできないからぐずっちゃだめなんだと思ったんでしょう。

 

 

 

 

子供は子供で色んなことを感じたり、考えたりして気を使っているんだなぁと改めて感じたエピソードでした。

 

お引越し

 

 

以前どこかで、娘ちゃんが「うっかりペネロペ」というアニメにはまっているというお話を書いたかもしれません。

 

 

 

で、そのペネロペのお話で、途中で「タータ」と「フィーフィ」というペネロペの妹と弟が生まれる話があるのですが、娘ちゃんはとにかくそのお話がお気に入りで、

 

 

もうかれこれ1年近く自分はタータであると言って憚らず、娘ちゃんの名前で呼んでも

 

 

 

「違うの、タータなの。ばぶばぶー」

 

 

 

と、赤ちゃんごっこを続けている状態なのです。

 

 

 

 

 

 

まぁ別に赤ちゃんごっこは構いませんし、娘ちゃんの名前を呼んでもその都度「違うの、タータなの」と修正されるのが面倒くさいのでこっちも最近ではずっと「たーたちゃん」と呼んでいたのですが、

 

 

もちろん我々だって娘ちゃんにつけた大事な名前には思い入れがあって、時々はそのことを伝えたくて娘ちゃんに

 

 

 

 

 

「たーたちゃんもいいけど、むすめちゃん、って名前もとっても素敵だよ。ね、娘ちゃん」

 

 

 

とお話をしていたのですが、先日ついに、

 

 

 

 

 

 

 

娘ちゃん    「むすめちゃんは遠くにお引越ししちゃったの。今はたーたちゃんしかいないの」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

娘、我々が知らない間に、ついに家を出ていたようです(*´Д`)

 

 

 

 

みやひんです。

 

 

 

 

昭和世代のみやひんは良くわかりませんが、若い人たちは今、笑える、面白いということを

 

 

 

くさはえ

 

 

 

 

と言いますよね。

 

 

 

この 「w」  が草が生えているようにみえることからそういうようになったんだとか。

 

 

 

 

 

 

 

でね、うちの3歳の娘ちゃんが、突然言い出したんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

娘ちゃん   「くさはえちゃってるじゃん!なんで?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・みやひんのへそを見ながら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、それ、へそ毛やねん。

 

 

 

しまじろう

 

みやひんです。

 

先日、娘ちゃんを連れてしまじろうコンサートなるものに行ってきました!

 

 

舞台でしまじろうやその仲間たちが歌ったり踊ったり。

 

ストーリーもちゃんとあって、海の中に宝石みたいなものがあって、それを探しに行こう!というようなストーリーなのですが、まぁ幼児向けとは言え一応小さなアクシデントは起きて、宝石が割れちゃったり、治しに行く途中で巨大なイカのおばけがでてきたりするのですよね。

 

 

 

 

まぁイカのお化けみたいなのが出てきたときには、会場の2-3割の子供たちが叫び声、鳴き声をあげている感じで、うちの怖がりの娘ちゃんも例にもれず人一倍大泣きしていたのは想定内といえば想定内だったのですが、

 

 

 

 

 

 

 

ミミリン(しまじろうのお友達)が、大事な海の宝石を割ってしまって、どうしよう!

 

という部分でこの世の終わりかのように号泣し始めた娘ちゃん。

 

(会場であんまり鳴き声は聞こえない場面でした)。

 

 

 

 

 

 

普段から感情移入が激しく、感受性豊かな娘ちゃん

 

 

 

 

改めて尊すぎる涙だなぁ、と愛おしく感じたのでした・・・・。

 

 

 

(周りの皆さんは、うるさくしてごめんなさい)。

 

 

おむつ

 

みやひんです。

 

娘ちゃんのことで、特に真剣に困っているというわけではないのですが、中々おむつがはずれないのです。

 

娘ちゃんも3歳になって、そろそろ周りのお友達たちもおむつがはずれてきているかな、という頃合い。

別にみやひん自体は、おむつの方がお世話は楽ですし、ずーーとおむつって事はないからそのうちほっといても自分からパンツにしたくなるでしょ、と思っているのですが、結構周囲(妻や保育園など)は早くパンツにしなきゃ、と焦っているようで。

 

トイレでできないわけじゃないんです。

強引に連れて座らせれば、おしっこはできますし、うんちも過去何度かできたこともあります。

それに、尿意は感じているようで、おしっこもうんちも「出そう」というのは教えてくれます。

(直前ではありますが・・・・)。

 

 

 

なのでほっとけばそのうちできるでしょ、とは思うのですが、如何せんトイレに行くのの嫌がり方が半端ないのですよね。

 

 

 

 

 

「パンツはこ?」

 

 

 

 

「トイレいこっか」

 

 

 

 

というだけで、機嫌によっては大泣き。

 

 

 

 

 

 

 

おむつはきたいーー!!となってしまいます。

 

トイレ座ったら新しいおもちゃみせてあげるよ、とかIPADで面白い動画見せてあげるよ、とかいうとおとなしく座って、そのままおしっこするので、ものでつればできなくはないのですが・・・・・

 

 

 

 

 

 

別に今日はオチはないのですが、何がそんなに嫌なんでしょう??

 

 

聞いても、「だってオムツがいいもん!」としかいいません。

 

 

 

 

 

みんなにトイレに行きなさい、と強要されるのがいやなんでしょうかね。

 

何かアドバイスがありましたらお願いします。

 

 

 

 

新しい保育園4

ちょっとだけおまけで保育園の話を追加します。

 

 

新しい保育園になってちょっと変わったこと。

 

それは、ちょっと遠くなったのですよね。

 

 

 

 

前の保育園は、我が家の最寄り駅から歩いて5分くらいのところでした。

 

妻もみやひんも電車通勤ですので、行きも帰りもその駅を利用するということで、そういう意味では非常に便の良いところにありました。

 

 

一方、新しい保育園は最寄駅から2駅離れたところにあります。

また、その駅からも歩いて10分くらいかかるのですよね。

 

 

これが、想像していた以上に大変でした。

 

 

 

まず、妻は通勤の途中の駅のため、途中下車して迎えに行けるのですが、みやひんは自宅の最寄り駅を通り過ぎてさらに2駅遠くにいかなければなりません。

 

もちろん、別に2駅くらい行くことは物理的にはできるのですが、帰り道にあるかどうかで保育園につくまでが(徒歩の時間も含めると)前の保育園と比べて10-15分遅くなるのです。

 

3歳の娘ちゃんにとって、この夕方のお迎え時間の10-15分は非常に大きいのです。

(実際問題、申請している時間に間に合うかどうかという問題もある)。

 

 

 

そうすると、これまでみやひんも妻もどちらでも帰りが早い方が迎えに行っていたのが、新しい保育園になってからは毎日妻が迎えに行くことになります。

 

これが、体力がない妻にとって大変であるということが一つ。

 

 

 

もう一つはやはり帰宅時間で、保育園に迎えについてから、場合によっては1時間以上家までかかるのです。

 

 

 

大人の足であれば、自宅から保育園までは約30分です。

行きはみやひんが抱っこして行ったりするので30分前後でつくのですが、帰りは妻は体力的に娘ちゃんを抱っこできませんので、あっちだこっちだと道草を食って、時々ぐずる娘ちゃんを連れて帰るのには1時間くらいかかる。

 

 

 

すると家につくのが19時くらいになってしまうのですよね。

 

 

家に帰って、風呂に入れて、そこからご飯を準備して食べさせる。

(まぁこの辺は全てみやひんがやるのですが)。

 

 

 

翌朝6時には起こすことを考えると20時台には寝かしつけたいことを考えると、ほとんど時間がないんですよね。

 

 

 

娘ちゃんの体力的にも大変ですし、そもそも教育的にも、平日はほとんど家では寝るだけという状況でよいのかどうか・・・

 

 

色々考えた結果、我が家では妻の仕事を(今でもセーブしているのですが)、さらにセーブすることになりました。

 

 

 

もちろん、色々なご家庭の事情があるとは思いますし、うちよりもっと長く預けている家庭も沢山あります。

 

特に我が家は妻の体力的な問題もあるので他のご家庭とはだいぶ事情が違いますが、やはり子供1人保育園に入れて育てるだけでも、中々夫婦でフルに働くというのは難しいなぁと実感している今日この頃です。

 

 

 

 

新しい保育園3

 

前回までの続きです。

 

 

さて、肝心の新しい保育園、初日。

 

やっぱり大泣きするのかな、慣れるまでどれくらいかかるのかな、と我々夫婦としても結構不安でいっぱいでした。

 

蛇足ですが、保育園変わるとまた慣らし保育といって1週間~長い人は1か月くらい、数時間から半日くらいの預かりなのですよね。

 

 

実際新しい環境に放り込まれるというのは子供にとっては大きなストレスと思いますので、これ自体はやむを得ない必要なことと思いますが、つくづく子育て世代が仕事と両立するのは本当に難しいことだなと思います。

 

 

だって、1か月も午前のみで帰ってしまうって、やっぱり職場としてはかなり厳しいですよね。幸いうちは妻の職場が理解あって対応可能でしたが、女性であれ男性であれ、昔よりは理解が進んでるとはいっても中々こういう子育て世代の実態というのはまだまだ理解されていない部分が大きいと思います。

 

 

 

で、娘ちゃんの話に戻りますと、結論から言うと

 

 

初日から泣くことはありませんでした。

 

 

 

うーん、さすが0歳の頃から保育園に通っていただけのことはある。

まぁ当たり前ですが、周りにはご両親とお別れする際に大泣きしているお友達たちもいましたよ。

 

 

まぁ泣きはしなかったですし、幸い新しい保育園も楽しいようで、帰ってきてから何して遊んだとか何を食べたとか楽しくお話してくれるので、私たちもほっと胸をなでおろしているところなのですが、一つだけ問題がありまして。

 

 

 

 

 

 

娘ちゃん   「でもおとーさんもおかーさんもぜ~んぜんお迎えにこないんだもん!

おそすぎるんだもん!なんでよ~」

 

 

 

 

と毎日のように言うのです。

 

 

 

 

最初は、まぁ慣れない保育園だし、やっぱりさみしいから早く迎えに来てほしいのかな?

でも、慣らし保育の期間中だし、前の保育園の時より圧倒的に短い時間なんだけどなー?

 

 

 

と思っていたのです。

 

 

 

 

が、なんとなく娘ちゃんのお話を聞いていて分かったのです。

 

 

我々夫婦が、半年かけてこの新しい保育園がいかに楽しいところなのかをお話しまくっていた結果、娘ちゃんの中でこの新しい保育園は保育園ではなく、なんか大人は入れないテーマパークのようなところだと認識されているようなのです。

 

 

 

 

 

 

 

お父さんが言っていた楽しい遊びもやったよ?

 

 

で、お父さんの言っていたすごくおいしいごはんもおやつも食べたよ?

 

 

あれ?食べ終わったのになんで迎えにこないの?

 

 

 

 

 

 

ってなっちゃってるのです。

保育園の場合は、お父さんとお母さんのお仕事が終わるまで待っている場所、ということが娘ちゃんの中で理解されていました。

 

でもこの新しいところはずーーっとお父さんとお母さんが言っていた楽しいテーマパーク!楽しく遊び終わったのに迎えに来ないの、なんで?!

 

 

と。

 

 

 

通園はじめて1か月たったいまではもうほとんど言わなくなりましたが、最初数週間はこの娘ちゃんの違和感によって、連日のお迎え遅いよクレームを受け続けたみやひんたちなのでした・・・・・・。

 

 

*今は、毎日楽しく過ごしているようです。