おとーさん成長日記

娘を溺愛する新米お父さんの子育て奮闘日記です

今週のお題「やる気が出ない」

今週のお題「やる気が出ない」

 

 

みやひんです。

梅雨のように雨模様が続くと、どうしてもやる気がでなくなってきますよね。

 

ただ、我が家は元々あんまり重力に抗わない夫婦です。

基本的に、家にいるとすーぐゴロゴロしはじめ、休日は必ず場合によっては数時間のお昼寝までしちゃいます。

 

 

娘ちゃんも、そんな両親を見て育っているからなのか、1-2歳児だというのに割と重力に従順なところがあって、基本的に居間ではすぐにゴロゴロしはじめますし、

 

 

 

娘ちゃん   「ごろごろしちゃう?」

 

 

と誘ってくることもあります。

 

 

それでいいのか、2歳児?!

 

 

今から将来がちょっと心配なみやひんでした。

 

 

悲劇

みやひんです。

 

先日、妻が仕事でみやひんと娘ちゃんがふたりで1日お留守番の日がありました。

いつもだと午前中に一緒にお散歩にいって、そのあと家でだらだら遊ぶというのが定番のコースなのですが、その日は朝から雲行きが微妙な感じ。

でも天気予報は午後から雨☂で、午前中はぎりぎりなんとか粘れるかな~という感じもありました。

 

もちろん無理に出かけなくてもよいのですが、朝から晩まで家の中で娘ちゃんと遊んでいるとネタも尽きてきますし、何より体力が余って寝てくれなくなってしまいますので、できればお外に連れていきたいところ。

 

直前にちらっと窓の外を確認し、ギリギリいけるかな?ということで、短時間だけちょっと出かけることにしたのです。

 

 

娘ちゃんの歯磨きやらお着換えやらお仕度やらをして、さぁ、しゅっぱーつ、と玄関のドアを開けたその瞬間。

 

 

雨 「ザーーーーー🌧🌧🌧🌧」

 

 

あらあらー、ギリギリいけるかと思ったのに。

今日はダメだったかー。ごめんねー、娘ちゃん。玄関出たけど、やっぱりお部屋に戻ろうねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・なんて、そんな平穏に納得してくれるわけがないのでした( 一一)

 

 

 

 

娘ちゃん  「ぎぃやぁぁぁぁぁぁぁぁぁあ!!!!(この世の終わりの叫び)

おさんぽいくのーーーー!!あめやなのーーーーーー!!!!!」

 

 

 

 

 

その後、なんとかごまかしごまかし機嫌を直してもらい(言うほど簡単な作業じゃないですが(;^ω^) )、午後になってお人形遊びを始めました。

 

 

くまさん  「娘ちゃーん。こんにちはー。いっしょにあーそーぼー」

 

 

娘ちゃん  「あのねー、あめふてきてねー、おさんぽいけなくなちゃったのー。そえでねー、えーんえんしちゃたのー」

 

 

みやひん  「Σ(゚Д゚)」

 

 

 

わんわんぬいぐるみ  「わ、わんわんだよー。一緒にあそぼうよーー」

 

 

娘ちゃん  「えとねー、えとねー、あめふてきてねー、おさんぽいけなくなちゃたのー」

 

 

 

 

ね、根にもっていらっしゃる( ;∀;)

 

 

 

丸一日この判断ミスを 悔やんだことは言うまでもありません。

 

でもその後も登場する各種ぬいぐるみたちに漏れなく今日の悲劇について報告する娘ちゃんをみて、思わず笑ってしまいました。

 

いいじゃん

子どもの寝かしつけに!絵本読み聞かせアプリみいみ

みやひんです。

 

娘ちゃんは最近、語尾に「~じゃん!」というのがはまってしまっているようです。

あまり品のいい言葉ではないですし、できれば使わないように誘導はしているのですが、どうも保育園でしばしば使われているようで、「~じゃん!」「~じゃん!」と連発しております。

 

それが時折変な感じで発動することがあって面白いのですが、先日はみやひんが新しいシャツを着ていたら、

 

 

娘ちゃん  「そえかわいいじゃん!」

 

 

と、めっちゃ軽いナンパ師みたいな口調で言ってきて笑ってしまいました。

 

 

そのほかにもみやひんが色んなことするたびに、

 

娘ちゃん  「そえ、いいじゃん!」

とほめてくれるので、口調はともかくなんとなくうれしい気持ちになってしまうみやひんです。

子どもの寝かしつけに!絵本読み聞かせアプリみいみ

おすすめコミック紹介 ①

みやひんです。

 

これまで、当ブログでは娘ちゃんの子育て日記をメインに、時折共働き夫婦にお勧めの時短グッズお勧めや、子育てグッズのおすすめを紹介してきました。

 

今回はそれらに加え、みやひんおすすめのコミックを紹介したいと思います。

 

元々みやひんはマンガ好きではあるのですが、皆さんもそうだとは思いますが、子育て中って、中々余暇の時間をとるのが難しいですよね。

小さな子供がいると、どこかに連れていくっていうのも難しいですから、もちろん夫婦どちらかが預かっていくことはできますが、それも頻回だと負担がかかってしまいますし。

家の中でも、そうそう何時間も続けて自由な時間をとることは難しいです。せいぜい土日の子供のお昼寝中や、夜の子供の寝かしつけた後の1-2時間、というのが皆さん確保できる自由時間の限界ではないでしょうか。

 

ましてコロナ禍の現在、家の中でできることも非常に限られていますので、みやひんは最近色々なマンガを全巻セットで買って少しづつ読み進めることにしています。

マンガなら、30分もあれば1冊よめるので、ちょっとした隙間時間に読みやすいですしね。

 

そんなわけで、ここからはあくまで独断と偏見で選ぶ最近面白かったマンガのお勧めシリーズを何回かに分けてお届けしたいと思います。

ちなみにみやひん、ただのミーハーですので、掘り出し物みたいなものはあまり出てきません。

あくまで人気沸騰中のようなものの中から買うことが多いので、そんなの知ってるよっていうのが多いかもしれませんが、あしからず。

 

 

記念すべき第1回目にお勧めするのは、

 

約束のネバーランド

 

です。

 

 

孤児院で暮らしていた子供たちが、あることから実は自分たちは鬼の食用肉として育てられていたということに気が付き、何とかそこから脱出し、現状を打開しようというアドベンチャーマンガです。

ジャンプで連載されていたようですが、良い意味でジャンプらしくない、非常に細部まで伏線等張り巡らされた息もつかさぬ良質のストーリーが読み応えたっぷりです。

はらはらドキドキの脱出編、その後の鬼の世界でのストーリー、いずれも続きが気になってついつい次の巻まで手が伸びてしまいます。

お勧めは最初の脱出編。DEATH NOTEを思い出させるようなだまし合いの連続はドキドキが止まりません。

ちなみにみやひん自身は、それを言ったら人間に食べられる牛や豚だって同じだよなぁと、ヴィーガンではないものの食用肉に関してかなり考えさせられてしまいました。(別にヴィーガンが主題のマンガではありません)。

 

 

同時期に同じジャンプで連載されていた鬼滅の刃もみやひんは全巻読みましたが、(感想には個人差があるでしょうけれども)、みやひん的には大差でネバーランドの圧勝です。(バトルマンガが好きな人は鬼滅のほうがよいでしょう)。

 

全20巻、すでに完結しておりますし、絵もきれいなので読みやすいマンガだと思います。

是非、お時間のある方は読んでみてください。

 

 

今週のお題「おうち時間2021」

みやひんです。

今日はお題の記事を書かせていただきます。

今週のお題は、「おうち時間2021」

 

ということで、コロナ禍で中々外出できない中、このゴールデンウィークも色々おうち遊びをしていたのですが、そんな中最近購入したあるものを紹介したいと思います。

 

 

それは・・・・・・

 

テント!

 

 

 

 

 

 

テントももちろん色々あるとは思うのですが、我が家で購入したのは、あくまで娘ちゃんのおうち遊びをメインに考えたテント。

 

このモダン・デコのテント、楽天のテント部門で1位など、人気の商品なのですが、購入してみた感想として、中々使い勝手もよいです。

 

まず、広告に偽りなしで、テントを開くのには本当にワンタッチで数秒です。

 

大きさは横幅2000mmということで、思ったより大きいです。一般的なリビングで床に何もなければ十分に置くことができると思いますが、ごちゃごちゃしているとちょっと難しいかもしれません。

 

幼児が入って遊ぶには十分すぎる大きさで、中におもちゃやぬいぐるみもたっぷり入れられます。

大人も入れますし、親子3人で入りましたが、3人で入ると結構窮屈です。寝転ぶことはできますが、中で動いて色々するというのは、難しいかもしれません。 

 

重さは1kg台と衝撃的に軽いです。

女性はもちろん、幼児でも難なく持ち運べると思います。

 

 

 

 

テントなので、もちろん本来は外で使うものだと思います。

我が家は屋内でしかまだ使っていませんが、雨もしのげるようですし、UVカットもついているとのことで、外でも十分に使えると思います。

ただ、素材の布は結構薄くてペラペラです。(だから軽いとも言えますが)。

地面がデコボコだったりすると、もろに痛いと思います。

 

仕様的にはできるはずですが、個人的には本格キャンプで夜を超すのに使おうとは思いません。

(キャンプなんてほぼしたことのない素人だからかもしれません)。

 

公園などで気軽に使うには最適なのかなと思います。

 

 

 最後に片付けですが、妻は難なく1-2分で片づけていました

ただし、みやひんはこういう組み立てたりするのが激しく苦手です。(周りにみやひんよりこういうのが苦手な人は見たことがないくらい苦手です)。

そのみやひんから見ると、なんだか難しそうだな?と見えました。ねじったりしながら収納していたので、ちょっとコツがいるのかもしれません。

 

 

 

 いずれにせよ、ゴールデンウィーク中は娘ちゃんはテント内で楽しく遊ぶことができました!

子供ってテントとか秘密基地とか大好きですからね。

たたんでしまえば収納場所もほとんどとりませんし、皆さんもコロナ禍でのおうち遊び道具の一つとして、如何でしょうか??

 

 

 

 

 

こりゃええわ

みやひんです。

 

2歳児特有の潔癖というかこだわりを強く持ち始めている娘ちゃん。

自分の思う決まりやルールからはずれるものが受け入れられません。

 

例えば童謡とかを、みやひんが勝手に名前のところを娘ちゃんに変えたり、少し面白おかしく変えたりして歌うと、

 

娘ちゃん  「ちやうの!!!ちーやーうーの!!!」

 

と大激怒です。

 

 

で、わざと違う歌を歌ってみたりした後で、ちゃんとした歌詞で歌いなおしたりすると、

 

 

 

みやひん  「これであってる??」

 

娘ちゃん  「あてゆ。それはあてゆ」

 

 

と褒めてくれます。

 

 

そんな感じで良い・悪い、あってる・あってない、というなんとなくの概念ができ始めてきている娘ちゃんなのですが、最近の口癖は

 

 

娘ちゃん  「そりゃいい」

      「こりゃいいわ」

 

 

どこで覚えたのか知りませんが、やたらべらんめぇ口調で面白いです。

 

 

 

 

 

 

みやひん   「娘ちゃーん、もうたくさん食べたからごちそうさまだよ!!」

 

 

 

 

娘ちゃん   「ちーやーうーの!!まだたえゆの!!!」

 

 

 

みやひん   「うーん・・・・。じゃぁ最後イチゴだけ食べる??」

 

 

 

 

娘ちゃん   「あ、そりゃええわ」

 

 

 

そりゃええでしょうなぁ。

おすすめ子育てグッズ ①

みやひんです。

 

先日はお勧め時短グッズを紹介しましたが、お勧め子育てグッズもシリーズ化してご紹介していきたいと思います。

 

もちろん、沢山今までつかってきてよかった子育てグッズ、あるいは良いといわれているけど実際は微妙だった子育てグッズ、色々あるのですが、このシリーズではみやひん家で娘ちゃんに使って実際に役立ったもの、皆さんにもおすすめできるものを中心にご説明していきたいと思います。

 

(念のためこのシリーズも第1回目なので記載しておきます。お察しの通りアフィリエイトを利用していますので、当サイトからのリンクで購入していただけると非常にわずかながらみやひんの収入につながります。ただ、ほとんど読者もいないようなブログですし、収益のためにお勧めでないものを誇大に広告するということは絶対に行いません。一方で、このようなものは個人によって使い勝手の感想も評価も違うものだと思いますので、あくまでみやひん家の評価ということで、お勧めはいたしますが万が一いまいちだったよ!という場合にも責任まではとれませんのであしからず。。以下、おすすめシリーズ今後の記事も同様のスタンスですのでよろしくお願い申し上げます。)

 

 

 

さて、そんなわけで今回紹介するものは・・・・

 

鼻吸い器!

 

 

これね、もうほぼ必須アイテムだと思います。

うちだけかもしれませんが、娘ちゃん、最近でこそ少し落ち着きましたが、1歳のころは月に2回くらい風邪をひいていました。

鼻水でてる期間、推定で年間200日くらい。

2歳になって少し落ち着きましたが、それでも時々鼻水垂らしています。

 

 

まぁ鼻水垂らしているだけなら良いっちゃいいんですが、やっぱり寝るときに鼻水が多いと夜息苦しそうにしていますし、中々1-2歳までの子供はうまく鼻もかめませんから、日中も口呼吸になっちゃって苦しそうなんですよね*1

 

そんなとき、昔だったらもちろん毎日のように耳鼻科に通って鼻吸いしてもらってたと思うんですが(もちろん今でもしている方もいると思いますが)、共働きだと中々それも難しく。

といって、やっぱり丸一日鼻吸わないと大変なことになっちゃって、結局「保育園休んでねー」、なんてことになっちゃうんですよね。

鼻吸い器があれば保育園を休まないでよくなるかどうかまでは分かりませんが、少なくとも日中の鼻水の程度はかなり改善します。

 

そして、他社製品も1種類試したことがありますが、正直鼻吸い吸引力は圧倒的にこちらの方が優れていました。

子供も嫌がりはしますが、痛くはないので、慣れてしまえはそこまで泣きませんし、鼻が傷ついたりする心配も少なそうですので、非常にお勧めの1品です。

 

 

まだ鼻が上手にかめないお子さんをお持ちのパパさんママさんは是非、購入をご検討ください!

 

*1:+_+