おとーさん成長日記

娘を溺愛する新米お父さんの子育て奮闘日記です

食べさす

みやひんです。

 

 

前にも書いたかどうか忘れてしまったのですが、我が家では基本的にみやひんが家にいるときはご飯を食べさせるのはみやひんが担当しています。

 

とはいえ、娘ちゃんは自分で食べられるのです。

 

 

もう1歳過ぎたころからは結構器用にスプーンとフォークを使いこなしていて、まぁもちろん手で食べることもありますが、1歳過ぎくらいからは自分で食べれることがうれしいのか、スプーンをつかって器用にご飯をモリモリ食べていました。

 

なんなら、こんなに早くスプーン使いこなせるようになってうちの子天才?って思ってたんです。

 

 

 

ところが1歳半~2歳の間のどこかだったと思うのですが、きっかけは分かりませんが突然

 

 

娘ちゃん  「おとーさん たべさせて!」

 

 

となったのです。

 

 

最初はあんまり気にせず、はいはい、どうぞと食べさせていたのですが、次第に一口も自分では食べなくなり(もちろん本当は自分で食べれる)、全部みやひんが食べさせないと泣き叫ぶ、という状況になってしまいました。

 

 

 

みやひん  「娘ちゃん、スプーン使えるでしょ??自分で食べたほうがおいしいよ?

 

 

みやひん  「わー、娘ちゃんスプーン使えるんだー!すごーい、お姉さんだー!!」

 

 

 

などなど、もちろんあの手この手でおだてて食べさせようとしてみたのですが、奏功せず。

 

 

 

娘ちゃん  「おとーさん、たべさすすーるーのー!」

 

 

の一点張り。

 

娘ちゃん、食べさせることをなぜか「食べさす」と言います。

 

 

我が家は娘ちゃんと我々は一緒にご飯を食べているので、娘ちゃんに食べさせているとみやひんが全くご飯を食べれません。

(みやひんが一口自分のご飯を食べようとしただけでも、娘ちゃんへの「食べさす」が一瞬中断するので、泣き叫ぶのです)。

 

 

朝はこちらもあんまり時間もないし、夜もこちらもおなか減ってるし、食べ終わったら基本的にすぐ寝かしつけなので、やっぱりこちらもすぐに食べたい。

 

せめて妻と交代で食べさせられれば、お互い食事ができるのですが、なぜか食べさせるのだけは

 

 

娘ちゃん  「だめなの!おとーさんなの!!」

 

 

の一点張りなので、妻も食べさせに参加できず。

 

 

 

最初はちょっとこちらもイラっとしたりなんかして、「娘ちゃん、ちゃんと自分で食べないなんてだめだよ!」なんて言ってしまっていたのですが、よくよく聞くと、保育園ではちゃんと自分でスプーンで食べているとのこと。

 

 

 

まぁ、当たり前だけど家では甘えたいだけなんですよね。

 

 

 

それに、特殊な事情がなければ小学生になっても食べさせないといけない子なんていないわけで、そのうちこちらがどれだけ頼んだって食べさせてあげることはできなくなっちゃうんですよね。

 

 

そう考えたら食べさせてあげている時間も急にいとおしく感じてきまして。

 

 

 

最近ではこちらから進んで「食べさす」を申し出ることにしています 笑

 

 

 

それに、何故かおとーさんじゃないとダメな儀式のようなので、そんなところもちょっぴり「可愛いやつめ!」という気持ちになっています 笑

 

 

ちなみにここ最近では、娘ちゃんに「食べさす」をしながら一瞬のスキで自分も食事を勧めていくスキルが上達してきたため、なんとかみやひんも一緒にご飯が食べられていますよ!

 

 

なんだろ

.

みやひんです。

 

 

娘ちゃんの最近の口癖に、

 

 

娘ちゃん   「いーことかんがえちゃた!( *´艸`)」

 

 

っていうのがあります。

 

 

いーこと考えちゃった!といいながら、読んでもらいたい本をもってきたり、

「いーこと考えちゃった!今日は歯磨きやめよう!」

 

 

など、滅茶苦茶自分勝手な内容なのですが、それがまた超絶可愛いのです。

 

 

1日2-3回繰り出されるので、突然いーこと考えちゃった!といいながらいたずらっぽい笑顔を浮かべています。

 

まぁもちろん本人的には本当にノーベル賞級の発明がひらめいたと思って発言しているのでしょう。

 

 

 

 

 

そんなある日、みやひんと娘ちゃんが遊んでいると、娘ちゃんがまた突然

 

 

 

娘ちゃん  「いーことかんがえちゃた!!」

 

 

と言い出したのですが、続けて

 

 

 

 

 

 

娘ちゃん   「・・・・・いいことてなんだろ?」

 

 

 

 

 

 

いやいや、突然哲学的?

 

 

 

良いこととはなんぞや。

本人的には、思いついた良いことを忘れちゃったということを言いたかっただけなのかもしれませんが、2歳児から繰り出されるあまりに哲学的なフレーズに思わず笑ってしまいました。

 

 

みーんな。

みやひんです。

 

娘ちゃんは、「**するときはお父さん」「@@するときはお母さん」、などかなりこだわりが強く、例えば我が家だとご飯を食べさせるのはお父さん。お母さんが食べさせようとしても

 

娘ちゃん  「だめ!おとーさんなの!」

 

となります。

 

歯磨きはお父さん、寝かしつけはお母さん、抱っこはお父さん、などなど色々あるのですが、寝かしつけに関しては時間もかかりますし、かつ寝かしつけていある間に片方が家事をやる、ということでどちらか一方しか寝かしつけられないととても不便なため、最初はお母さんがいい!となっていましたがそこはなんとか無理やりお父さんにも慣れてもらい、最近は「本当はお母さんがいいけど」、頼めばお父さんとでも寝てくれる、という程度の状況にはなっています。

 

 

 

ただ、やっぱり本当はお母さんと寝たいのか、

 

 

みやひん  「今日はお父さんと寝る?お母さんと寝る?」

 

と聞くと必ず

 

 

娘ちゃん  「おかあさん!」

 

 

と答えるため、ちょっと寂しくなって

 

 

 

みやひん  「お父さんだって娘ちゃんと寝たいのにー。娘ちゃんはお父さん好きじゃないの? えーんえーん ( ;∀;)」

 

 

と言ってみたら、

 

 

娘ちゃん  「みーんなだいすきなんだよ?おかーさんもおとーさんも、くまさんも、みーんなだいすきなんだよ?いっしょにねんねしよ?」

 

 

 

露骨に気を使われました

 

 

 

1,2歳児でも気を使ったりできるんだなぁ、と妙に感心したというお話です。

だめなの!!

みやひんです。

娘ちゃんは絶賛イヤイヤ期ということもあり、なんでもかんでも

 

「イヤなの!!」「ダメなの!!」

 

とイヤイヤしております。まぁそれもまた可愛いのですが(*´Д`)

 

 

虫の居所によっては、とにかく何をいわれても「イヤなの!」「ダメなの!」と否定しなければ気が済まないようで、

 

みやひん  「娘ちゃんそれはやっちゃだめだよー」

 

っていうようなことでも、頭ではわかっていてもどうしてもやめられず怒られてしまう、という悪循環に陥ってしまうことがあります。

 

まぁ別にこっちも娘ちゃんがイヤイヤ期なのは十分わかっているのでいいのですが、ついにこの間は

 

 

みやひん  「こら、娘ちゃん、それはだめだよ!」

 

と怒っていたら、

 

 

 

娘ちゃん  「だめなの!!おとーさん、おこちゃだめなの!!!」

 

 

怒ることまで否定されました。

 

イヤイヤ、あかんから怒ってるねんて

 

 

 

 

「ダメなものはダメなの!」

 

「おこっちゃダメなの!」

 

と終わりのない押し問答のようになり、疲れ切ったみやひんでした(*´Д`)

 

 

また会いたい

みやひんです。

 

随分と前の話になるのですが、保育園で節分の催し物があり、保育士さんが鬼のお面をかぶってお「鬼はそと~」なんてやっていたようなのですが、例によって娘ちゃんは鬼が怖くてぎゃぁ~と大泣きだったようなのです。

 

保育園から帰ってくるときにも、

 

娘ちゃん  「きょお、ないちゃたのー。おにさん、こわかたのー」

 

なんて超テンション低めになっていた娘ちゃんなのですが、

 

みやひん 「そうなんだー、でも「鬼は外!」したからもう来ないと思うよ。大丈夫!」

 

なんて言ったら、

 

娘ちゃん  「うんー。またあしたあえるといいねー」

 

いやいや、なんでやねん。

 

 

そんな尊いやり取りからはや数か月。

もうすっかりそんなこと忘れていたころに、たまたま昔の写真を整理していたところ、娘ちゃんがくだんの鬼のお面をかぶった先生の写真を発見してしまったのです。

 

 

 

娘ちゃん 「ぎぃぃぃやぁぁぁぁぁぁぁl!!!!!!!」

 

泣き叫ぶ娘ちゃん。

一体保育園で鬼になにされたんだってくらいのトラウマっぷり。

たぶん鬼も逃げてくでしょう。

 

 

軽く小一時間くらい泣きわめき、こちらもへとへとになってきたころに放たれた娘ちゃんの尊い一言がこちら。

 

 

娘ちゃん  「またみせてー」

 

 

いやいや。こっちから全力で願い下げです。

 

 

お散歩

きょうもみやひんと娘ちゃんはふたりでお散歩をしていました。

 

一通り遊びつくして帰ってくる途中。

普段はだ帰りたくない!!となくことが多いのですが、今日はいつになく素直に帰り道に。ただ、突如おうちに帰ってからの予定を娘ちゃんがしゃべり始めました。

 

 

みやひん  「そろそろおうちかえろっか」

 

 

 

 

娘ちゃん  「おうちかえってー、じゅーちゅのんでー、そえからー、みかんたえてー、くっきーたえてー、ごはんもたえてー、おなかいーーっぱいになったらいっぱいあそぶのーー!」

 

 

 

いやいやいや。食べすぎなことはひとまずおいておいて、ついこの間まで1歳だった赤ちゃんが、こんなにもしっかり予定?とかたてられるもんなんですかね??

 

うちの子天才( *´艸`)?(但したべることに関する時のみ)

 

だいじょぶよ ②

さて、前回の続きです。

 

 

 

お父さんやお母さんに「だいじょぶよ?むすめちゃん、ついてるから(・∀・)」

とけなげなセリフを使いこなすようになった娘ちゃん。

 

 

 

今日は娘ちゃん、寝っ転がっているみやひんのおなかの上にまたがってびょんびょん跳ねるという中々アクティブな遊びをしていました。

 

 

どーんどーんとあまりに強く跳ねるので、みやひんが

 

 

 

 

みやひん  「いてててて、やめてやめて」

 

と叫ぶと、

 

 

娘ちゃん  「だいじょぶよ?むすめちゃん、いるからだいじょぶよ??」

 

 

 

 

 

 

イヤイヤ、あんたのせいで痛いんや( ;∀;)