おとーさん成長日記

娘を溺愛する新米お父さんの子育て奮闘日記です

今週のお題「好きなスポーツ」

今週のお題「好きなスポーツ」

 

みやひんは、大のサッカー好きです。

家でよくサッカーの試合をテレビで観戦しております。

 

そんなこともあってか、2歳の娘ちゃんも

 

お父さん=サッカー

 

という刷り込みが少しされている様子。

 

 

先日のことです。

みやひんが娘ちゃんを寝かしつけていたところ、例によって色んな理由をつけて中々寝入らない娘ちゃん。

 

 

 

娘ちゃん  「あ、おくすりのんでなかたね、むこう(居間)、いくー」

 

 

 

みやひん  「おくすりは、もう風邪ひいてないんだから飲まなくていいんだよ」

 

 

 

 

 

娘ちゃん  「むすめちゃん、のどかわいちゃた。おちゃのみにいくー」

 

 

 

 

みやひん  「10分前にのみにいったばっかりだよ。早くねなさい」

 

 

 

 

 

娘ちゃん  「あ、ぺったんのおくすり(貼付薬)つかてなかった。むこう、いくー」

 

 

 

 

みやひん  「ぺったんのお薬ももういらないんだよ」

 

 

 

 

 

 

 

娘ちゃん  「あたま、かゆいかゆいになってきたの。おくすりぬるー」

 

 

 

 

 

みやひん  「寝る前にもう塗ったよ」

 

 

 

 

 

 

 

娘ちゃん  「くましゃん、おいてきちゃったからとりにいくー」

 

 

 

みやひん  「むすめちゃん!!もう早くねないと、おばけさんいっぱい来ちゃうよ!!!」

 

 

 

 

 

娘ちゃん  「おばけさん、きても、おとーさん、さっかーできっくきっくーってやっつけるでしょ?だからだいじょうぶでしょ??」

 

 

 

 

 

 

 

なんとも可愛らしい発想でした( *´艸`)

カブ

このお話も先日の 「嫌われている話」  の後日談となります。

 

 

ここ最近、娘ちゃんのイヤイヤ期により寝かしつけがお母さん専売特許になってしまいましたが、それまでは夫婦でほぼ1日おきに寝かしつけをしておりました。

 

みやひんの最近のねかしつけの定番はというと、

 

・1-2冊娘ちゃんが選んできた絵本を読む

・21時になっちゃうとおばけが来るから、目をつぶって寝ようねーと伝える

・電気を暗くして、ももたろうの話を聞かせてあげる

・そのうち寝る

 

 

というものでした。

 

桃太郎のお話が娘ちゃんはお気に入りで、最初は終わるとすぐに

 

 

娘ちゃん  「もいっかい!」

 

 

と言われていたのですが、要望を聞いているとエンドレスで何度話しても寝てくれないので、最近は桃太郎は1回だけ。終わったらもう目を閉じて寝る、というルールを徹底し、要望に応じなくしたところそのうち娘ちゃんももいっかい!と言わなくなり、桃太郎の話が終わると自然に寝るモードになるようになりました。

 

 

話は変わりますが前にも書いたかもしれませんが、娘ちゃんの記憶力は中々のもので、桃太郎の話は何かを読んでいるわけではなく、数十年前の話を思い出して話しているだけなのでかなり適当な話になっているのですが、それは妻も同じらしく、妻の話とみやひんの話で多少違いがでるとそこを鋭く指摘してきたりします。

 

寝るときにお話しすることはないのですが、日中よく読み聞かせる「大きなカブ」の話も大好きで、娘ちゃんが全て暗記しているお話の一つだったりします。

 

 

 

 

 

 

さて、先日のお話。

 

どうしてもお父さんと寝るのがイヤでお母さんと寝たいイヤイヤ期の娘ちゃんだったのですが、この日は

 

 

 

みやひん  「ねー、今日はお父さんとねてよー。おねがいよー」

 

 

 

というみやひんのしつこいお願いに屈する形で、

 

 

 

 

 

娘ちゃん   「・・・・・・・・・ぃぃよっ。」

 

 

 

 

 

みやひん   「えぇぇぇっ?!いいの?!娘ちゃん、お父さんと寝てくれるの?!」

 

 

 

 

 

 

娘ちゃん   「・・・・・ぃぃよっ。おとーーさんとねゆよっ」

 

 

 

 

と珍しくみやひんと一緒に寝てくれることになりました。

 

ただ、これがなんか2歳児なりに、妥協して仕方なく一緒に寝てあげる感があったのか、

 

 

みやひん  「じゃぁ娘ちゃん、読みたい本持ってきてー」

 

 

というと、いつも1-2冊だった絵本を4冊くらい持って登場する娘ちゃん。

 

 

調子乗ってる感が可愛い。

 

 

 

 

きわめつけがネンネの部屋での出来事。

 

娘ちゃんが持ってきた4冊の絵本をすべて読み、電気を暗くして桃太郎の話まで終えたみやひん・

 

 

 

 

みやひん  「はい、じゃぁ今日はここまでね。おばけさんきちゃうから、もうねんねするんだよー」

 

 

 

 

 

 

 

娘ちゃん   「・・・・・・・・・・・かぶっ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みやひん   「・・・・・・え?なんて?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

娘ちゃん   「・・・・・・・・・・・かぶっ。かぶのおはなしっ」

 

 

 

 

 

 

どさくさにまぎれてカブのお話の追加を希望。

 

 

 

 

まぁあきらかに調子乗ってるんですけど、調子乗ってる内容が可愛すぎたので、こっそりカブのお話もしてあげちゃったみやひんでした  笑

処世術

前回の「嫌われている話」 の後日談となります。

 

 

 

先日も書いたように、最近特に「お母さん大好き!」期であり、何かというと「おとーさんイヤなの!!」と言われてしまいがちなみやひんなのですが、そんな中ちょっと久しぶりに娘ちゃんとみやひんの2人でお留守番の日がやってきました。

 

 

 

 

これまでだったら何も問題はなかったのですが、このかなりのお母さん大好き期の中、お父さんと二人でお留守番で大丈夫かな???とかなり不安に思ったのですが、

 

 

 

 

 

みやひん  「今日はおとうさんと二人でお留守番だよー」

 

 

 

 

 

と恐る恐る伝えてみると、最近お父さんに塩対応だった娘ちゃん、急に

 

 

 

 

 

娘ちゃん   「むすめちゃん、おとーーさん だーーいすきなんだ~♪」

 

 

 

 

 

この娘の処世術・・・・!

 

娘ちゃん、たぶん力強くこの世の中を生き抜いていけると思います。

そんなに泣かないよ

みやひんです。

 

 

ここ最近、イヤイヤ期の日記が続いたので、娘ちゃんの名誉のために書いておきますと、娘ちゃんは別にほかの子と比べてとりわけギャースカしているわけではないです(と、思います。ほかの子をインターネット情報でしか知らないので比べられませんが)。

 

 

イヤイヤ期ってのはそういうものだと理解しておりますし、別にみやひん自身は(その場その場では大変と思うこともありますが)、イヤイヤ期のギャースカ娘ちゃんも含めて大変可愛いと思って接しておりますので、別にイヤイヤ期自体に超絶困っているわけではなく、ただ単に面白いエピソードや、書きやすいエピソードが多いので、自然とそういう話が多くなってしまっているだけなのです。

 

 

まぁ最近でこそイヤイヤ期のピーク(?)なのか、毎日のようにギャースカ泣きわめく時間があるのですが、つい1-2か月前までは数日に1回とか週に1回くらいでしたし、もっと前をさかのぼると1歳台の娘ちゃんは泣いて困ったという記憶がほとんどありません(大変な記憶がすぐなくなってしまうだけかもしれませんが)。

 

 

みやひんと娘ちゃん2人で1日お留守番、というシチュエーションはしばしばありましたが、1回も泣かずに終わる、というのが普通だったように思います。

 

 

 

さらにさかのぼってみても、夜泣きにもほとんど困ることがありませんでした

 

 

さすがにゼロというわけではありませんでしたが、寝付いた後に深夜に何時間も泣いて、というインターネット等でよくみる夜泣きのエピソードは、たぶん片手の指で収まるほどしかなかったかと思います。(それもたぶん1時間くらい・・・)。

 

 

寝付くときに(主にお母さんがいなくてが多かった気がしますが)泣きわめいて中々眠りにつけなかった、というのはもう少し多かったと思いますが、それもたぶん両手で収まるくらいかな?

 

 

離乳食が始まるまで、起こさないと起きないので、夜中に起こして授乳をしていたのです。

(食べるようになってからは夜中起こすこともなくなり、朝までぐっすりです)。

 

 

 

ということで、今のイヤイヤ期の程度がどうかは分かりませんが、特に出産後妻の体調が万全でなく大変だった最初の1-2年間、よくブログや育児マンガで拝見して「こりゃ大変そうだな・・・・」と思うようなことがほとんどなく穏やかに過ごしてくれた娘ちゃんですので、今は思う存分・・・・・イヤ、ちょっとは手加減してほしいですが・・・、泣き叫んでいただいてもいいかなーと、思っております。

 

嫌われている話

みやひんです。

 

 

自分で言うのもなんなのですが、娘ちゃんは、これまで割とお父さん大好きっ子でした。

まぁお母さんが体が弱いこともあり抱っこなどは全てみやひんでしたし、お出かけなども、お父さんと二人ではあってもお母さんと二人では稀だったり、仕事の関係でお父さんと二人でお留守番が多かったりしたことが大きかったんだと思います。

 

ところが最近、特にイヤイヤ期になってから、おかーさんじゃないとヤダ!!ということが多くなってきています。

 

これもまた仕事の関係や体調の関係で、お母さんが平日1日休みなのでその日に1日一緒に多く過ごしていることや、まぁなんだかんだ言って娘ちゃんと触れ合う時間がお母さん>お父さんという構図になってきたことが大きいかと思います。(そうは言っても、土日はずっと一緒に過ごせますから普通の家庭よりはお父さんと一緒の時間は多いとは思うのですが)。

 

 

普段、機嫌がよいときにはあまり問題はないのですが、特にイヤイヤモードになってしまったときと、ネンネの時が顕著で、

 

 

娘ちゃん  「おかーーさんのおひざでたべーーるーーのーーー!!」

 

 

となってしまい、こうなってしまうとどれだけみやひんがやろうとしても泣き叫ぶのみでダメとなってしまいます。

 

 

これまでお父さんの専売特許だった「食べさす」もお母さんが良いといわれてしまうと軽くショックを受けます。

 

 

ネンネの時も、以前  「みーーんな」 という記事でご紹介したころは、

 

 

 

みやひん  「えーんえーん、お父さんと寝てよー」

 

 

というと

 

 

娘ちゃん  「じゃぁみんなでねよう!」

 

 

と言ってくれた、と書いたのですが、

 

 

 

最近は何を言っても

 

 

 

 

娘ちゃん  「だーーめーーなーーの!!おとーさん、ばいばい!おかあーーさーーーん???」

 

 

 

 

 

 

みやひん  「えーんえーん、なんでそんないじわるゆうの~?」

 

 

 

 

娘ちゃん  「やなの!!おとーーさんやなの!!!」

 

 

 

 

とストレートに言われて大ショックを受ける羽目になります。

 

 

 

 

みやひん  「おとーさんは娘ちゃん大好きだよ??娘ちゃんだってお父さん好きでしょ??」

 

 

 

 

 

娘ちゃん   「おかーーさんだいすきやの!!!おとーーさんやないの!!!」

 

 

 

 

みやひん  「なんでそんなにお父さんと寝たくないの??

お父さんとねたらー、桃太郎もおはなししてあげるしー、楽しいよ?♪」

 

 

 

 

 

娘ちゃん  「たーーのーーしくなーーーいのーーー!!」

 

 

 

 

 

 

子供って残酷(*´Д`)

 

そして娘ちゃんのお話が上手であるがゆえに、理由を聞けば聞くほど傷を深めていくみやひんでした。 

 

甘すぎるよ!

今週のお題「好きなアイス」

 

 

夏ですね。暑いですね。

こんな暑い夏には、アイスを食べたいもの。

 

しかし、みやひん家では、娘ちゃん(2歳)には基本的にアイスは与えていません。

アイスはもちろん、お菓子も、たまに子供用のクッキーを少量あげるだけで、できるだけ与えないようにしています。

 

 

代わりに果物(フルーツ)は良く上げているのですが、こんなに暑いからということで、先日はカットした桃を凍らせて、それを

 

桃アイスだよー

 

といって娘ちゃんに上げました。

 

普段は食べられない特別なおやつに大興奮の娘ちゃん。

 

小躍りしながら桃をほおばって一言。

 

 

娘ちゃん  「あまい!  あますぎゆよ!! こえ、むすめちゃんにはあますぎゆよ!!」

 

 

 

嫌なんかい!

もちろん満面の笑みで完食していました。

 

 

 

風味

先日の 「大女優」 の記事の続きです。

 

 

今日もやってくれました、娘ちゃん。

 

 

 

 

 

お母さん   「うーん、このソース、面白い風味がするわね~?」

 

 

 

 

 

 

 

娘ちゃん   「おもしろい におい、しないよーーー????」

 

 

 

 

 

なぜだ、なぜ分かったんだ、娘ちゃん・・・・( ゚Д゚)

 

 

 

*オチはないです。