おとーさん成長日記

娘を溺愛する新米お父さんの子育て奮闘日記です

やさしくない

みやひんです。

 

娘ちゃんは、2歳になって益々こだわりが強くなってきています。

俗にいうイヤイヤ期ですので、何を言っても

 

娘ちゃん  「やなの!」

 

何を提案しても

 

娘ちゃん  「ちやうの!」

 

「****しようね~」

って言っても、

 

娘ちゃん  「「****しようね~」、、、じゃないの!!」

 

(最後のこの否定のされ方は、「「****……」やないっちゅーねん!」っていう大人の否定っぽい感じで、頻発されると結構傷つきます・・笑)

 

 

てなもので、まぁびっくりするほど全否定です。

まぁ一般的にイヤイヤ期って、色々要求があるのに、言葉でうまく伝えられないってのが大きな要因のようで、うちの娘はかなり会話が上手ですので、たぶんほかのイヤイヤ期の子よりはずいぶん扱いやすいかもしれませんが、それでも時々疲れてしまうことはありますよね。

 

要求が伝えられないっていうのにプラスして、幼児特有の謎のこだわりってのも、その要求が通りづらい要因の一つだとは思います。

 

まぁ2歳児あるあるかもしれませんが、うちも晴れてても長靴じゃないと嫌食事中でもデザート先じゃないと嫌お気に入りのお洋服じゃないと嫌自分ではかないと嫌。などなど、立派にイヤイヤ期を務めております。

 

 

そんなこだわりの中でも、娘ちゃんは形容詞も自分のものだと思っています。

たとえば、機嫌悪いときにぬいぐるみとかを

 

みやひん  「わんわん、かわいいね~」

 

とか言うと、

 

娘ちゃん  「ちやうの!!かわいいやないの!かわいいは娘ちゃんなの!!」

 

と、かわいいを私物化してきます。

 

先日に至っては、娘ちゃんのお手伝いをしてあげたみやひんが冗談っぽく

 

みやひん  「お父さん優しいでしょ~( *´艸`)」

 

と言ってみたら、

 

娘ちゃん  「ちやうの!!おとーさんやさしいやないの!!やさしいは娘ちゃんなの!!」

 

とお父さんのやさしさ全否定されてしまいました(*´Д`)

 

どうでもいいけど、なんか外で周りの人とかに聞かれたら若干誤解を受けそうなセリフだなぁなんて思いました。。