おとーさん成長日記

娘を溺愛する新米お父さんの子育て奮闘日記です

反省会

 

娘ちゃんのイヤイヤ期モードは、きっかけもなく突然発動されることがあります。

(まぁ大抵風邪ひいてるとか眠いとか、探せば要因はあるんですが)。

 

先日も、普段であれば娘ちゃんにとって一番大好きな時間であるお食事の時間にイヤイヤ期モードに突入。

 

今の娘ちゃんはひとたびこのモードに入ってしまうと何を言ってもイヤイヤです。

 

 

 

みやひん  「さ、椅子に座ってご飯食べよー」

 

 

 

娘ちゃん  「やーーなーーのーーー!!すわらないのーーー!!」

 

 

 

 

みやひん  「なんでよ、おなかすいたでしょ?食べよ?」

 

 

 

 

 

娘ちゃん  「たーーーべーーなーーいーーのーーー!!」

 

 

 

 

 

 

みやひん  「あ、そう、じゃぁ食べなくていいよ、お父さんだけ食べるね」

 

 

 

 

 

娘ちゃん  「おとーさんたべちゃだーーめーーなーーのーー!!」

 

 

 

 

 

みやひん  「お父さんはたべるよ??娘ちゃんは食べないのね??」

 

 

 

 

娘ちゃん  「たーーべーーるーーーーのーーー!!」

 

 

 

 

と大泣きして暴れながらの応酬。

 

 

 

 

 

やっとこ椅子に座らせたと思ったら今度は

 

 

 

 

 

娘ちゃん  「さくらんぼたーーべーーるーーのーー!!」

 

 

 

 

 

 

みやひん  「さくらんぼはデザートだから最後だよ。まずはご飯食べて」

 

 

 

 

 

 

 

娘ちゃん  「いーーやーーなーーのーーー!!」

 

 

 

 

 

といってご飯ののっているお皿を下に投げ飛ばしてしまいました。

 

 

 

 

ちょっと度を越したかな、というところで本気怒りモードに突入。

 

 

 

 

みやひん  「娘ちゃん!!お父さん本当に怒るよ!!ご飯とお皿投げちゃダメでしょ!!ごめんなさいは!!」

 

 

 

 

 

 

娘ちゃん  「ごめんなさいしーーないーーーのーーー!!」

 

 

 

 

 

 

とかなんとかやっていて、結局は

 

 

 

 

 

 

娘ちゃん   「ごめんなさいーーーー」

 

 

 

 

で一件落着。

 

吹っ切れたのか、何事もなかったかのようにニコニコ笑いながらご飯をいい子に食べ始めたのですが、お風呂からあがってきたお母さんが合流すると娘ちゃんがお母さんに状況説明を始めました。

 

 

 

娘ちゃん  「むすめちゃん、ないてたみたいねー。いーやーなーのーーっていってたねー」

 

 

 

 

いやに他人事に冷静に振り返る娘ちゃん。

 

 

 

 

みやひん  「ねー。なんであんなに泣いてたの?」

 

 

 

 

 

 

娘ちゃん   「いすにすーーわーーらーなーーいーーのーーっていってたねー」

 

 

 

 

みやひん   「ねー。ほかにも色々いってたよ??ごはんたべないのー、って言ってたよ?」

 

 

 

 

 

 

娘ちゃん   「ねーー。なんでー??なんで?おかあさん、なんでたべないのー、っていってたのー?」

 

 

 

イヤイヤ、そらあんたに聞きたいわ。

 

 

 

 

 

みやひん   「それでねー、娘ちゃんお皿投げ飛ばして怒られちゃったんだよね」

 

 

 

 

 

娘ちゃん   「ねー、ごめんなさいっていったら、ゆるしてもらえたんだよねーー」

 

 

 

反省会、終了。

 

 

 

 

 

イヤイヤモードに突入時には、自分を抑えられず、何をいっても泣きわめいて全部いやなのー、と言っているだけの娘ちゃん。

でも、実際には後から全て冷静に振り返ることができており、全部わかってはいるのです。(もちろん2歳児並みの理解ですが)。

だから、イヤイヤモードでも冷静にちゃんと対応して、必要なら怒ってあげることは大事だなー、と感じております。