父と娘の 「ほっこり小話」

娘を溺愛する新米お父さんの子育て奮闘日記です。くすっと笑えるような小話を提供できるよう目指しています。

タンパク質

 

みやひんです。

 

我が家は娘ちゃんの食事に結構気を使っています。

 

甘いものを与えすぎないように。

塩分を取りすぎないように。

1日3食を食べること。

できるだけ添加物は与えないこと。

 

 

このようなことは当然として、炭水化物、タンパク質、脂質のバランスも大きくは崩れないように一応気を使っています。

 

やっぱり、食事って健康の一番基本的なものだと思うんですよね。

 

 

で、みやひんたち夫婦の日常的な会話として結構

 

 

「あー、今日は娘ちゃん朝タンパク質とってないから、夜少し多めにしなきゃね」

 

 

とか

 

 

「野菜朝少なかったから夜野菜スープ飲ませなきゃ」

 

とか

 

 

「ここ最近炭水化物多めだから、少し炭水化物は減らしておこう」

 

 

とか言い合っているのですが、ある日の夕飯のこと。

 

その日の夕食は鶏肉だったんですね。で、娘ちゃんに

 

 

 

 

 

 

みやひん   「今日の夕飯は鶏肉だって!やったね!」

 

 

 

といったところ、

 

 

 

 

娘ちゃん   「たんぱくしつだね!」

 

 

 

 

 

 

 

いや、まぁ間違ってはないけど。

 

っていうか正しいけど。

 

 

でもそうじゃなくて!!!

 

 

 

 

2歳児はもっと純粋に美味しくご飯を食べてほしいな、と思った次第。

 

 

 

 

 

いや、もちろん娘ちゃんはおいしく食べてますよ。単に耳に残った言葉を反復してみただけで、意味は分かっていない・・・・はず。