父と娘の 「ほっこり小話」

娘を溺愛する新米お父さんの子育て奮闘日記です。くすっと笑えるような小話を提供できるよう目指しています。

べちゃ

 

*これは娘ちゃんがまだ2歳の頃の記録です*

 

 

先日、娘ちゃんと二人で商店街に買い物に行ったんです。

 

 

その日は、まず商店街の靴屋さんにまで行って娘ちゃんの新しい靴を買い。

 

 

で、帰りがけにはお花屋さんで一輪だけお花を買って帰りました。

 

娘ちゃんがお店の人にご挨拶をしたり、後はお金をお財布から出して渡したりする練習(というか雰囲気を味わうだけですが)のために、たまーにこうやってお花屋さんで一輪お花を買ったりします。

 

もちろん、お花は娘ちゃんに選んでもらうのですが、大抵ピンク色のお花を選んでおります。

 

 

で、無事にお買い物も終わっておうちに帰ろうかな~、というところで。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グルグルグルグル・・・・・・

 

 

ピキピキピキッ

 

 

 

 

 

やばい。

 

 

そうなんです、みやひん、実はめっぽうお腹が弱いんです。

 

 

もう小学校くらいからずっと下痢続きなので、慣れっこと言えば慣れっこなんですが、慣れているからこそ分かります。

 

 

 

 

 

この感じは、家まではもたない。

 

 

 

 

 

 

普段であれば、もちろん適当にお店のトイレを借りれば済む話です。

 

 

 

でも問題は、この日は娘ちゃん連れであるということ。

 

 

 

 

まぁでも四の五の言ってられません。

正直もう5分はもたない感じで迫ってきています。

 

 

 

 

 

 

ということで、たまたま近くにあった市役所のトイレをお借りすることに。

 

でも娘ちゃんは2歳。もちろん一人では待てないから、トイレの個室まで連れていくしかありません。

 

 

 

トイレはなぜか大盛況で空いている個室は1つだけ。

 

 

しかもはなんと和式便所。

 

 

 

 

娘ちゃんは和式便所見るの初めてで、興味津々です。

 

 

 

 

 

まぁでもそんなこと言ってられないほど切羽詰まっているみやひんは、とにかく娘ちゃんをそこに立たせたまま素早くズボンを下ろして間一髪、

 

 

 

 

 

 

下痢をびちゃびちゃびちゃ・・・・・・(汚くてごめんなさい)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

娘ちゃん    「なになに、これってどうするの?ここにうんちするの?」(大声で)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

娘ちゃん    「あ、なんかうんちでた!」(大声で)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

娘ちゃん    「あれ、なんかべちゃってはみでたよ、どうするの?」(大声で)

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなんです、あまりに危機一髪の勢いだったので少しだけ着地に失敗して漏れるウ〇チ。(もちろん拭きましたよ)。

 

 

 

 

 

 

それを満員のトイレ内で大声で絶賛生中継されるみやひん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中々の羞恥プレーでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてなんとか気を取り直して一輪だけ買ったピンクのチューリップをもっておうちに帰るみやひんと娘ちゃん。

 

 

 

娘ちゃんがぶんぶん振り回しながら帰っていた関係で、帰り道でチューリップの花だけ茎からぽろっととれて生首のように転げ落ちてしまいました・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しい日曜日の一コマでした。