父と娘の 「ほっこり小話」

娘を溺愛する新米お父さんの子育て奮闘日記です。くすっと笑えるような小話を提供できるよう目指しています。

新しい保育園 2

 

前回の続きです。

 

 

具体的には、まずは

次に行く保育園がどれだけ楽しいところなのか、どれだけ素晴らしいところなのかということを機会あるごとに娘ちゃんにお話しするようにしていました。

 

 

 

「春になったら@@@ってところにいくんだよ。すっごく楽しいところで、すっごく優しいせんせいたちもいっぱいいるんだって」

 

 

 

「ごはんもすっごくおいしいらしい、いいなぁ。お父さんもいきたいなぁ」

 

 

 

 

 

などなど。

 

 

 

それが功を奏したのか、娘ちゃんも今はまだ見ぬ新しい保育園、いったいどんだけ楽しいところなのかと期待が膨らんでいるようでした。

 

 

 

 

もう一つは、まぁ当たり前のことではありますが、今の保育園をやめてもうそのお友達たちには会えなくなってしまうのだ、ということは伝えないようにしました。

というか、伝えても理解は難しいでしょう。

 

 

保育園を変える、というと恐らく変えたくない!、となってしまうので、

 

春になったら今の保育園はみんな卒業するんだよ。

で、それとこれとは話は別で、春になったら面白い新しい施設に遊びに行けるよ、というような話をしていました。

 

 

結論から言うと、上記の作戦は比較的うまくいって、娘ちゃんの中では、それと、「これからお友達に会えなくなってしまう」ということは頭の中では結び付かないようでした。

 

 

保育園の最終日も特に泣くこともなく(まぁ卒業というのが理解できないので当たり前かもしれません)、トラブルなく移行することができました。

 

 

 

続きます